人差し指を立ててみたところの風向き
e0257856_0235232.jpg


                      時々日が射して 細い細い絹糸のような雨を照らすので
                      目が開けられぬ程眩しかったのですが、           
                      こんな美しい瞬間を逃してはならぬと
                      しかめっ面で空を仰ぎ見る

e0257856_0305252.jpg


                      イギリスで時間がなくて魔女の博物館に行き損ねたのですが
                      灯台元暗し。 高野山の近くで本物の魔女のほうき発見。

e0257856_034481.jpg


                      ここ最近のはなし。

                      住みか・仕事場共々場所を移ろうと思う。
                      仕事は順調やけど、新しい内容で来年からスタートしようと思う。
                      疲れた・・・。一旦休む。でも次に新しくやりたいことはあるねん。
                      この場所に固執せんでもええか。新しい場所さがすわ。
                      
                      一気にこんな話が持ち上がっています。       
                      妙齢の女共、これは自然発生的なのでしょうか?
                      もちろんその中にシガルも含まれておりますが。

                      私たちの日常はもう、意識するしないに関わらず
                      以前とは違うものになってます。これは確かなことです。
                      この環境の中では、もう要らないかもしれないもの、
                      もうしがみつかなくてもよいだろうものを識別するのは
                      少しばかり勇気を持つことで
                      以前よりた易いこととなりました。

 
e0257856_165268.jpg



                      橋を渡る。 橋を架ける。
                      また先に、小川の前で立ち止まり、ここまでとするか
                      まだ橋を架け進むかをそれぞれが思案する日がくるのでしょうが
                      合間あいまに、時々は集まって 笑いながらお茶を飲めたらそれでよし。
                     
                     
                     
[PR]
by c-cigale | 2012-08-06 01:34
<< 立秋 旅は続いていました。 >>