<   2015年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧
DOWNTON~

e0257856_1435298.jpg


                       昨夜はスパームーンで・・・
                       しかしわたくし、少し怖い気持ちの方が勝ってしまい
                       月が雲に隠れてホッとしました・・・

                       そんな昨夜も、いや、ここのところずっと、就寝前に
                       イギリスTVドラマ DOWNTON ABBY / ダウントン・アビー
                       のDVDをちびちびと観ています。






e0257856_14424138.jpg


                       見ての通りの時代劇。 
                       貴族層と使用人層それぞれが織り成すホームドラマ・人間ドラマが
                       時代背景と相まったストーリ展開で飽きさせない。。
                       イギリス社会の成り立ちなんかもうっすらと理解できたり、
                       年代に則した衣装やアクセサリー使いもとても見ごたえが
                       あります。
                       ハーパスで特集が組まれたり、ラルフ・ローレンが
                       ダウントン・アビーをテーマにコレクションを発表したり、
                       モード界にも影響をもたらした模様。
                       私も、アンティークマーケットでたまに目にする幾重にも連なった
                       シルバーのチェーンの使用方法を、このドラマの中で
                       確認できたり、細部を見るのも楽しいです。 茶器とかもね。。





e0257856_1458376.jpg


                      ダウントンになぞらえて、もう季節が変わってしまったけど、
                      夏に訪れたロンドンの HAMYARD HOTEL の画像をば。






e0257856_1505562.jpg


                       SOHO ド真ん中にあるインテリア必見のホテルです。
                       食事をしたダイニングルームは残念ながら画像はないのですが
                       ライブラリーコーナーや、バーコーナー
                       (ロンドンでもパリでも、クラシックな映画(トーキーから
                       50‘S,60‘S 物)をインテリアとして背景で流すのが
                       流行ってるのかな?ここのBARでも、パリのmerci のカフェでも
                       流れていました)





e0257856_1585785.jpg





e0257856_1592272.jpg


                       地下のちょっとレトロニューウェーブ?なボーリング場。





e0257856_1511348.jpg


                         屋上階はベジタブルガーデン!
                         養蜂コーナーがあったり、レストランで使用する
                         オーガニックハーブなどが植えられていました。

                         紅茶が飲みたくなってきました・・・

                       
[PR]
by c-cigale | 2015-09-29 15:23
ネパールからありがとう!

e0257856_035026.jpg


                     カルマさんがネパールから帰ってきた。
                     6月に五條クリアンさんにて催されたネパール地震復興募金を
                     携えて故郷ネパールに旅立ったカルマさん。

                     皆さんにありがとうございました!のビッグスマイルと
                     まだまだこれからも先、やりますよ! と目を爛爛と輝かせて。

                     以下、カルマさんから皆様に宛てたメッセージです・・・



e0257856_0422185.jpg

                     
                     2015 年 9 月 6 日から 9 月 19 日まで、ネパール、オコルドゥンガ郡ファプレ村と隣のドルカルカ村へ 皆さんからお預かりした募金を届けに行ってきました。総額 130 万 9937 円を被害状況にあわせて 73 軒 の村人とファプレ村へ寄付させていただきました。 村人達は、日本の方々も震災や洪水で大変な中、温かいご支援をいただいたと本当に感謝しています。 私のプロジェクトに賛同してくださり支援してくださった皆様に心より感謝を申し上げます。


今回は和歌山県本宮町より合気道の仲間のお二人がボランティアで参加してくださいました。


村の 90%が半壊、全壊しているため、大きくひびが入りいつ倒壊するかわからないような家がほとんどでした。皆、空地に簡易な小屋をつくり過ごしています。食糧はほとんどの家が一年分を備蓄してお り、倒壊しそうな家から食糧をとりだして使っています。余分にはありませんが足りていました。


地震の当初 1 週間ほどは皆、何が何だかわからないという状況でショックで呆然としていたようです。でも皆、悲観していても何もはじまらないと思い、村人で協力して片付けをしたり、簡易な小屋をつく ったり。皆で集まって食事をしたり、と励まし合って生活をしています。


今回私は、村人の芯の強さ、自然の中で生活をしている人々の精神力の強さ、明るさを改めて感じまし た。日本からきてくれたお二人は私の村を訪れ、村人の心の温かさ強さに感動して涙してくださいまし た。また、ぜひ訪れたいとおっしゃってくださいました。


皆さんからの募金は、村長である私の父、ナワン シェルパを通して、ファプレ村の 52 軒。向かいの 村で家屋が全壊し被害がひどい、ドルカルカ村の 21 軒にもぜひ支援してほしいと村長からの要望で、支援金を渡しました。


村長の父より日本の皆様へ。
遠く離れた日本の皆様 海を越え、温かいご支援心より感謝しています。 地震で被害をうけた村人たちは皆さんのご支援により大いに励まされています。 村人を代表してお礼申し上げます。必ず復興いたします。ファプレ村へぜひお越しください。ご支援本当にありがとうございました。





私は今後 10 年間はこの復興のために活動をしていきたいと思っています。 今回の支援は家を作るための一部にあてられますが、元どおりの生活に戻るにはまだまだ支援は必要とされていると感じました。
また引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします。


産業のないネパールの復興には観光が一番だと考えています。また復興ツアーも企画しますのでぜひご参加ください。カトマンズには私が驚くほどの観光客がきており、タメル市街はヨーロッパアメリカ、韓国からの観光客で埋め尽くされていました。思ったより街は機能していました。 しかし村の方は支援が必要です。


またみなさんにいろいろな情報をお伝えしたいと思っています。 今回はたくさんの方々にご協力いただきました。皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました!!


カルマ ギャルゼン シェルパ より





e0257856_052092.jpg






e0257856_1371543.jpg






e0257856_0523786.jpg


                     皆様、本当にご協力ありがとうございました!
                     
                     カルマさんによってダイレクトに、私たちの手から
                     なかなか見落とされがちな現地の小さな村に
                     何か役に立つものがもたらされました。
                     どうぞこれからもご協力頂けましたら嬉しいです。

                    
                     日本でも、最近とみに想像を超える自然災害が発生しています。
                     せめて人為的な災害発生要因の森林伐採をやめるだとか、
                     自然災害からさらに取り返しの付かない災害併発必至の
                     原子力発電を廃止するだとか、
                     私たち人間がやっておかなければならないこと、明白です。

                     
                                            
[PR]
by c-cigale | 2015-09-27 01:45
たくさん移動して、たくさん逢って

e0257856_063873.jpg


                   奈良町の叙友舎さんにて11月展の打ち合わせ。
                   今年摘まれた台湾のお茶を頂きながら長居してしまいました。
                   改めて、味のある落ち着く空間です。







e0257856_0124976.jpg


                      今週前半は大阪方面、そして奈良、京都と
                      かなり移動した1週間でした。
  
                      芋洗い状態の清水寺周辺。
                      坂だらけで・・・ここ何坂だ??






e0257856_0155080.jpg


                     坂と坂の間のスペースのギャラリーにて
                     高野の麓で作陶されている三星善業さんと和田直樹さんの
                     2人展を拝見。
                     凛、とした空気が漂っていました。






e0257856_018734.jpg


                    そこから成り行き?で、クリアンマダムの古くからのお知り合いの
                    有名骨董店のマダムと、超絶文化人の布作家さんとご一緒に
                    鹿ケ谷のアンティークショップを訪ね(全員買い物しましたとも!)、
                    大人の結界スポット? YUKI PARIS さんを覗き、
                    夕方には京都らしい瀟洒な小料理屋に連れて行ってもらいました。
                    今思えば、豪華講師陣による、フィールドワークのような1日でした。
                    仕事のこと、プライベートなこと・・・大人は深い話をあくまでも
                    さらーりと語られますね。ステキです。
                    そのステキは、人格・才能・命運が醸造されて練り上げられたもので
                    あるように思えます。
                    ちょうど1年前にもお会いしているのですが、私はこの1年で
                    成長あったのかしらん?
                    ぼやぼやしてられしまへん。。
                      
[PR]
by c-cigale | 2015-09-20 00:51
秋、始まる

e0257856_18402168.jpg


                          心落ち着きます
                          朝の一杯
                          さあ、良い週末になりますよう。。







e0257856_20282783.jpg






e0257856_2029126.jpg







e0257856_20295384.jpg







e0257856_20302081.jpg







e0257856_20305761.jpg







e0257856_20312271.jpg







e0257856_20325530.jpg


                         久々の晴天日。
                         朝一番に・・・
                         そして遠方からロングドライブにて・・・
                         のんびりお茶タイムを兼ねて・・・
                         又は、お忙しい合間を縫って・・・・
                         お越し頂きました皆様、本当にありがとうございました!

                         コーディネートにインパクトを・・・
                         ちょっとしたお守りの気分も兼ねて・・・
                         日常着に少しスペシャル感を・・・
                         この度、連れて帰ってもらったアクセサリー達が
                         皆さんの生活の彩りになりますように☆






e0257856_20452618.jpg


                        和やかな雰囲気の中、
                        会場がダンスフロアーと化した場面もあり・・・
                        ジョニー&ベッツィー from USA
                        (ウソです!)





e0257856_204726100.jpg


                        この日から、三角シャポーをかぶり始めた
                        お猿さんの表情がとてもキリリとしたような気がして・・・
                        私もキリリと行かねば。 と感じた次第。

                        この度も、美しく気持ちの良い場をお貸し下さった
                        クリアン・スタッフ様そしてマダム様
                        ありがとうございました!
                         
[PR]
by c-cigale | 2015-09-16 20:59
Bijoux! Bijoux! Bijoux!
e0257856_21281286.jpg



                      澄み渡った、高い秋の空を見上げるのは
                      もう少し先になりそうです。
                      今夜半に来るであろう台風、いいえそれをしのぐだけでなく、
                      しっかりと立っていなければいけないなと感じる今年の秋です。
                      意味不明でしょうが・・・ :)

                      はい、久々に大きい画像をupした流れからの
                      イベントのお知らせです。

                      9月12(土)、13(日)  10:00~17:30
                      奈良・五條・田園の patisserie Client さんにて
                      パリとロンドンのヴィンテージアクセサリーを中心とした
                      展示を致します。
                      今回は、長く身に着けて頂けるご自分のシグネチャー的な
                      一品を探して頂ければ・・という気持ちで準備しております。

                      私自身、20代の頃に(今回仕入れをしたパリの店にて)入手した
                      おサルがバナナを採ろうとしているチョーカー、という
                      摩訶不思議な1点を20年にわたって、時々身に着けています。
                      流行や自分の年齢の移り変わりを超えて所持するものがあるって
                      なにか嬉しいものです。。

                      クリアンさんにはフランスから CHA YUAN の紅茶も多種
                      入荷してます。
                      どうぞ皆様、お越し下さいませ。 お待ちしております☆
[PR]
by c-cigale | 2015-09-08 22:47
下町のそばがき
e0257856_21481676.jpg


                      天王寺からそんなに遠くない、
                      昔っからの住宅街にある、とある小さな公園のはす向かい

                        




e0257856_21484231.jpg

                      
                         店主、ふーさんがお一人で切り盛りされる
                         そばがきや 「ぐー ちょき ぱー」さん





e0257856_2149273.jpg


                       酵素玄米とポタージュになる前のポタージュ?と
                       フレッシュな野菜などに
                       目と舌が喜んで、さらに胃にすんなり落ち着いてゆく、
                       優しい優しいお膳です。





e0257856_21563428.jpg


                       仕上げ?且つメインのそばがき・・・
                       「挽き具合はどうしましょう?」
                       1~5段階、細かく→荒く、選べます。
                       そして目の前で、グラインダーでウィーンと蕎麦の実を挽く。

                       本日は3人での来店だったので、わけわけして
                       段階1→あかちゃんのほっぺたみたい!
                          2→程よく、鴨汁に入れても最高!
                          3→粒粒の野趣が大好きだわ・・・あんこを添えて頂いた
                       
                       毎日でも食べたいと、心から思いましたよ。。






e0257856_2252716.jpg


                       ご店主の知人の大工さんが創作された
                       ドーム型(船をイメージですって)の天井寄木細工、
                       照明や棚、いろんな細かいものに至るまで、
                       ご店主を取り巻く人達の温かい心と願いが宿る空間でした。
                       味よし、人よし、空間よし!
                       素敵です。
                       
[PR]
by c-cigale | 2015-09-05 21:53
せぷてんばー
e0257856_2283782.jpg


                        季節が変わりましたが、しつこくパリの画像で
                        お送りします。。







e0257856_22374726.jpg


                        最近、改めて思ったことが、

                        私、夜中の1時ぐらいが一番落ち着く・・・

                        そんなことなんとなく昔から分かっていたような。
                        小学生の頃から、休みの前の夜更かしが大好きで、
                        別に特別なことをするでもなく、ただ、
                        本やマンガをひたすら読んでいただけなのですが。

                        中学生以降になると、そこにお茶など飲みながら・・
                        という要素が加わるのですが、
                        それも何か、雑誌か本の影響でしょうね。






e0257856_22452866.jpg


                        あと、それくらいの時間帯になると、
                        血液が、適温で発酵中の天然酵母のように(?)
                        なんだかリラックスしているけど、シュワシュワと
                        小さくさんざめいているように感じられたり・・・

                        夜型人間なんでしょうね。
                        T姉さん曰く、作家の五木寛之先生はもうずっと
                        朝5時に就寝する生活を送ってる、と。
                        まぁ、大作家さんの生活習慣を引き合いに出すのもなんですが、
                        しっくりくる時間帯って人それぞれなのだろうと。。






e0257856_234747.jpg


                     ローズ色の壁の美術館。
                     ギュスターヴ・モロー美術館。
                     20代の頃、よくここに来ました。
                     朽ちたばら色と深いマホガニー色のパリと、
                     ペルシャのブルーに浮かぶサロメやエウロパ、一角獣の神話の世界が、
                     画家が暮らした世紀末の空気の中にそのまま閉じ込められています。
                     夜中ではないけれど、身体中の血液が静かにざわざわする空間です。

                     incredible Paris ! w
                       
                        

                         
[PR]
by c-cigale | 2015-09-01 23:22