<   2014年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧
2014.12.31
e0257856_1811163.jpg



                               私たちが住む星のいろ










e0257856_1852634.jpg



                                アヒナヒナ 銀剣草









e0257856_1861752.jpg



                               50年に一度だけ花を咲かせ
                               その後 実をつけると枯れてゆく












e0257856_189408.jpg



                               マウイ島、ハレアカラ山頂にて 























                             


                           


                             


                               
                              
[PR]
by c-cigale | 2014-12-31 18:52 | Comments(0)
しめくくり Tea Party ☆

                             女の人っていそがしい。
                             自分のことだけでも大変なのに、
                             伴侶が出来て、子供が出来て、
                             お父さんお母さんのケア、
                             仕事、もろもろの行事におつきあい・・・



e0257856_20404182.jpg


                               そんな八面六臂の日常を送りながらも・・・
                               試行錯誤しながらも・・・
                               前を向いて、果敢に、美しく、
                               進んでゆこうとするパワーが
                               お客様からも、作り手さんからも
                               ひしひしと伝わってきた一日でした。






e0257856_20553415.jpg


                               みなさん軌道にのってます。。
                               道はそれぞれだけれども。。







e0257856_20582141.jpg


                               クリスマスパーティなどでお忙しい最中
                               お立ち寄り頂きました皆様、                  
                               本当にありがとうございました!

                               Joyeux Noel !
[PR]
by c-cigale | 2014-12-25 21:04 | Comments(0)
170 京都 ☆ 年忘れTea Party Event !

e0257856_18134023.jpg


                          いよいよクリスマスムードも佳境に入った今週
                             
                          しかしながらわたくし、ずいぶん前から
                          クグロフやシュトーレンを、美味いうまい・・・と
                          楽しんでおります。

                          寒いのがとてもとても苦手なので、
                          実質冬が好きではないのですが、
                          冬がかもし出す雰囲気は大好きです。

                          月明かりに照らされた白銀に投げかけるもみの大木のシルエット
                          フード付きのマントを着てカンテラ片手に雪の中を行く小さな隊列
                          真っ白に折り重なる丘陵地。動物の囲いの木の柵だけが
                          リズムを刻んで。    星空。
                          ↑ これ、学生の時、美術の時間に描きました。
                          記憶の奥底にある多分中欧か東欧の風景。
                          幼児期から今に至るまでずっと心の中に住んでいます。
                          
                          
                          

                          春のど真ん中に生まれましたが、
                          秋と冬の雰囲気により惹かれます。

                          どうでもよいことついでに書きますが、
                          ふんいき か ふいんき か時々分からなくなります。。

                          今も、まちがえました・・・

                          さてさて、ここからは、インポータントなお知らせです^^






e0257856_18352964.jpg


                          12月23日(祝・火) 12:00~18:00
                          京都・北山のインポートセレクトショップ 170さんにて
                          年忘れTea Party Event が行われます。

                          参加ショップは
                          Odds and Ends / ハンドメイドSilver Accessories
                          moccocu / 京都長屋のアクセサリーセレクトショップ
                          Boutique de Noel / 旧・シガルシガルです
                          170 さんもセール開催中です!

                          おいしいチョコレートケーキと紅茶をご用意しておりますので
                          華やかな気分で?どうぞお立ち寄り下さいませ!

                             
[PR]
by c-cigale | 2014-12-21 19:14 | Comments(0)
Marche de Noel 2014 ☆ Client

e0257856_234368.jpg







e0257856_2361250.jpg







e0257856_23115477.jpg








e0257856_2365192.jpg








e0257856_2372588.jpg








e0257856_23832.jpg








e0257856_2382246.jpg








e0257856_2384599.jpg


                           土曜朝10時前、すでにお客様の列が・・・!
                           開店時間を少し早めてのスタート。
                           2日間 曇り空・時々小雪。
                           くるくると非常に早く時間が過ぎた先週末。

                           シュトーレンに、エピスの効いたクグロフの香り、
                           そして、ヴェロニカさんのモノクロームの絵の前で、
                           気が向いた時にロビンが奏でるチェロの音が
                           心地よく響く空間。
                           おしゃべりして、買い物して、お茶の時間。
                           そして合間にタロット占いで近い未来をイメージしたり・・・
                           なんかシャンパンの泡が絶え間なくグラスの底から
                           立ちのぼるイメージの店内。
                           近隣はもちろん、フランス経由、チベット経由、ネパール経由、
                           アメリカ経由、クリアンさんにご縁があって集まった
                           ステキな人々。。

                           私も、久々の出店ということで
                           アクセサリー什器も新調して ^^ 気分新たに お店に立ちました。
                           やっぱり、こうやってお客様をお迎えするのは楽しい!
                           と、改めて実感。
                           期間が空いても、シガル(あ、店名変えますよw)を忘れずに
                           元気な姿で、しかもおしゃれして訪れてくれるお客様方に
                           大感謝!
                           ほんとうに嬉しいのです。。

                           改めてありがとうございます!

                           この度、共に参加致しました出展者の皆様、
                           クリアンさんのスーパーガールズもといスタッフさま、
                           そして何よりクリアンマダム様に
                           大きな感謝を!


                                          追記/写真数枚しか撮ってなく・・・
                                              哀号~
                           
                           
                           
                             
                             
[PR]
by c-cigale | 2014-12-17 00:08 | Comments(0)
お知らせ
e0257856_0453265.jpg


                         再び、Marche de Noel / Patisserie Client の
                         お知らせです。
                          
                         12月13(土)・14(日)

                         きっと ヨーロッパ風? いや、エキゾチック?
                         でも、郷土の森のかほりも漂っているような
                         不思議な空間が現れるだろう気がします。





e0257856_0514030.jpg


                           当日は、重く湿ったグレーの空が素敵かな~、とか
                           今からいろいろ想像しております。

                           どうぞ、お立ち寄り下さいませ☆
                         
                  
                        
[PR]
by c-cigale | 2014-12-05 00:58 | Comments(0)
Labyrinth
e0257856_222482.jpg


                        モンパルナス駅の長い長~い歩く歩道を渡るたびに、
                        ジュリエット・ビノシュが映画「ポンヌフの恋人」のワンシーンで
                        この通路のレーンを越えて隣のレーンに転がり込む、という
                        場面を思い出します。
                        見てはいけないものを見てしまった気まずさが
                        この映画をみてから10年以上経った今でも
                        うっすらとこみ上げます。。
                        ジュリエットが☆ジャージ着て☆機敏な動きで☆☆
                        衝撃でした。。

                        さて、モンパルナス駅から郊外線に乗り込み約1時間・・・






e0257856_22145237.jpg


                         20年ぶりのシャルトル大聖堂
                         車窓から 黄金色に輝く麦畑を見たいなと思い
                         ゆったりとした気持ちで窓際を確保したのですが
                         後ろの席のお兄さんの無賃乗車が
                         車内巡回の車掌さんに見つかったらしく、
                         払え、だの 持ってたけどなくした、だの 降りろ、だの・・・
                         景色に集中できない残念な往路となってしまったことが
                         印象にのこっています。






e0257856_22245368.jpg


                       本当は、この日に来ようか、前日に来るかでかなり迷ったのですが
                       この日にして大正解となりました。
                       折りしも新月で月食。







e0257856_22274265.jpg


                         大聖堂に入って少し進むと、5,6人の人が
                         円形に固まって祈っている景色を見て、
                         新興宗教の方?? と最初思っていたのですが






e0257856_22342059.jpg

                         
                         よくよく観察すると、床に描かれた迷路のような
                         模様に沿って、静かに静かに中心に向かって歩いている人が
                         数人おり、行き着くところ中心部で真ん中に1人が立ち、
                         それを6名の人が円形に囲んで皆で黙祷・瞑想・祈りを
                         ささげているようで





e0257856_22392183.jpg


                         もちろん私も参加してみました。
                         冷えた空気の中、たくさんの人が無言で線に沿って
                         進んでいきます。
                         結果、サークルを出るまで30分近くかかりました。
                         脳みそ柄のようにも見えるこの迷路、
                         中心の花芯がいわゆるゴール部分で、そこに立つ者と
                         周りの6弁の花びら部分に立つ者は静かに眼を瞑って
                         祈りをささげたり、黙祷したりしています。
                         中心に立つ人を取り囲む6人は、まるで真ん中の人の
                         加護を祈るかのような図式です。
                         実際に私も参加してみて、そう祈らずにはいられませんでした。
                         私の2人前を歩いていた妊婦さんは、中心部に立ってしばらくすると
                         足元を軸にして上半身がコマの回転のように
                         ゆらゆらと円形に揺れ始めました。  不思議。
                         かくゆう私も最後の花弁に到達した時、頭の方がゆらゆらしてきて
                         おどろきました・・・


e0257856_2323074.jpg


                         後で調べたのですが、この絵柄はラビリンスといって
                         中世の大聖堂ではちらほら見受けられたようです。
                         今では、ランス、アミアン、シャルトルにしか残ってないらしく
                         中でも、このシャルトルのものが有名だそうで。



e0257856_23698.jpg


                         巡礼、人の一生・・・中世から巡礼の代用として膝で
                         この順路をたどっていたのだとか。
                         一説によるとこの図柄は右脳と左脳、男性性と女性性の統合だとも。

                         20年前には床にこんな模様があったこと
                         全く気付かなかった、と思っていたら
                         普段はこの上に椅子が並べられていて
                         金曜日にのみこの模様が現れるらしく

                         あー、今日来てよかった。

                         とつくずく思い、大聖堂を出て
                         冷えた身体をオニオングラタンスープで温めました。

                         私自身、何を願ったかというと

                         実のところ 何も願いませんでした。。

                                                シャルトルにて
                         
                         
                
                         
[PR]
by c-cigale | 2014-12-03 23:20 | Comments(0)
サァカスのむすめ
e0257856_23452781.jpg


                            サアサ、ヨッテラッシャイ
                            ミテラッシャイ・・・

                            パリの冬の風物詩
                            cirque d`hiver の始まりはじまり~




e0257856_23482436.jpg


                            ベルエポックのパリジャンや
                            ヌーベールバーグのパリジェンヌと
                            同じ空気を感じられる
                            今も昔も変わらぬサァカス・・・
                            大昔から建物もそのまんま
                            ノスタルジックで少しビザールで・・・
                            あっという間に過ぎた3時間でした






e0257856_035364.jpg


                          始まるや否や、何だか心の壁が崩壊したね







e0257856_061691.jpg


                          童心に戻れた、とかじゃなく、
                          今、の自分が体験できて良かったことのひとつ






e0257856_08348.jpg


                            華やか、きれい、楽しい、かわいい動物
                            うならせるアクロバット、スピード、
                            音楽、コミカル・・・





e0257856_0232048.jpg

                            
                              そうなんだけど、違うねん。





e0257856_0231832.jpg


                            ぬくもりのある哀しさで
                            始終おおわれる感覚っていうか・・・





e0257856_025334.jpg

                            
                            すごく気持ちが沸き立って、
                            本当に驚いたり楽しんだりしているのだけど、
                            ずっと心が涙目なのでした。。

                            ホント、見てよかったです。






e0257856_059548.jpg


                            天井桟敷の人々

                            そう、当ブログレギュラーメンバー?の
                            つよしくん&ゆうこちゃんも!
                            奇跡のメンバリング in Paris
                            心に残る時間を共有できて幸せこの上なし。
                            
                            





e0257856_0464426.jpg


                       私は、パリで人とコミュニケーションとっているようでいて
                       でも、それは決して深いものには成り得なく、

                       でも、パティシエまいちゃんは、ちゃんと、
                       語らずとも、カフェのお兄さんと笑顔でコミュニケートして
                       折鶴を残してきました。
                       今日も11区のとあるカフェの棚で白い羽を広げていることでしょう。
                       こういうのって、いぶし銀やな、って思う。。




                            
                            
                            

                            

                            
                            
[PR]
by c-cigale | 2014-12-01 01:13 | Comments(0)