ネパールからありがとう!

e0257856_035026.jpg


                     カルマさんがネパールから帰ってきた。
                     6月に五條クリアンさんにて催されたネパール地震復興募金を
                     携えて故郷ネパールに旅立ったカルマさん。

                     皆さんにありがとうございました!のビッグスマイルと
                     まだまだこれからも先、やりますよ! と目を爛爛と輝かせて。

                     以下、カルマさんから皆様に宛てたメッセージです・・・



e0257856_0422185.jpg

                     
                     2015 年 9 月 6 日から 9 月 19 日まで、ネパール、オコルドゥンガ郡ファプレ村と隣のドルカルカ村へ 皆さんからお預かりした募金を届けに行ってきました。総額 130 万 9937 円を被害状況にあわせて 73 軒 の村人とファプレ村へ寄付させていただきました。 村人達は、日本の方々も震災や洪水で大変な中、温かいご支援をいただいたと本当に感謝しています。 私のプロジェクトに賛同してくださり支援してくださった皆様に心より感謝を申し上げます。


今回は和歌山県本宮町より合気道の仲間のお二人がボランティアで参加してくださいました。


村の 90%が半壊、全壊しているため、大きくひびが入りいつ倒壊するかわからないような家がほとんどでした。皆、空地に簡易な小屋をつくり過ごしています。食糧はほとんどの家が一年分を備蓄してお り、倒壊しそうな家から食糧をとりだして使っています。余分にはありませんが足りていました。


地震の当初 1 週間ほどは皆、何が何だかわからないという状況でショックで呆然としていたようです。でも皆、悲観していても何もはじまらないと思い、村人で協力して片付けをしたり、簡易な小屋をつく ったり。皆で集まって食事をしたり、と励まし合って生活をしています。


今回私は、村人の芯の強さ、自然の中で生活をしている人々の精神力の強さ、明るさを改めて感じまし た。日本からきてくれたお二人は私の村を訪れ、村人の心の温かさ強さに感動して涙してくださいまし た。また、ぜひ訪れたいとおっしゃってくださいました。


皆さんからの募金は、村長である私の父、ナワン シェルパを通して、ファプレ村の 52 軒。向かいの 村で家屋が全壊し被害がひどい、ドルカルカ村の 21 軒にもぜひ支援してほしいと村長からの要望で、支援金を渡しました。


村長の父より日本の皆様へ。
遠く離れた日本の皆様 海を越え、温かいご支援心より感謝しています。 地震で被害をうけた村人たちは皆さんのご支援により大いに励まされています。 村人を代表してお礼申し上げます。必ず復興いたします。ファプレ村へぜひお越しください。ご支援本当にありがとうございました。





私は今後 10 年間はこの復興のために活動をしていきたいと思っています。 今回の支援は家を作るための一部にあてられますが、元どおりの生活に戻るにはまだまだ支援は必要とされていると感じました。
また引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします。


産業のないネパールの復興には観光が一番だと考えています。また復興ツアーも企画しますのでぜひご参加ください。カトマンズには私が驚くほどの観光客がきており、タメル市街はヨーロッパアメリカ、韓国からの観光客で埋め尽くされていました。思ったより街は機能していました。 しかし村の方は支援が必要です。


またみなさんにいろいろな情報をお伝えしたいと思っています。 今回はたくさんの方々にご協力いただきました。皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました!!


カルマ ギャルゼン シェルパ より





e0257856_052092.jpg






e0257856_1371543.jpg






e0257856_0523786.jpg


                     皆様、本当にご協力ありがとうございました!
                     
                     カルマさんによってダイレクトに、私たちの手から
                     なかなか見落とされがちな現地の小さな村に
                     何か役に立つものがもたらされました。
                     どうぞこれからもご協力頂けましたら嬉しいです。

                    
                     日本でも、最近とみに想像を超える自然災害が発生しています。
                     せめて人為的な災害発生要因の森林伐採をやめるだとか、
                     自然災害からさらに取り返しの付かない災害併発必至の
                     原子力発電を廃止するだとか、
                     私たち人間がやっておかなければならないこと、明白です。

                     
                                            
[PR]
by c-cigale | 2015-09-27 01:45
<< DOWNTON~ たくさん移動して、たくさん逢って >>